2020年3月31日火曜日

志村けん逝く


お笑いタレントとして大活躍してきた志村けんが亡くなった。新型コロナウイルスの感染によって、急に容体が悪化し亡くなったのだ。私の方が若干若いものの、ほぼ同時代を生きてきた人である。ザ・ドリフターズの一員として活躍し始めた頃から、テレビで見てきた。

2020年3月30日月曜日

新型コロナウイルスのワクチンや治療薬


国内でも毎日新型コロナウイルスの感染者が増え続けている。現状では、行動の自粛しかないが、何時まで耐えられるだろうか?何と言っても、ワクチンや治療薬の開発が急務だ。世界中でいろいろな開発、治験がされているので、期待して待つしかない(文末にリンクあり)。

2020年3月29日日曜日

今更ながらEXテレコン


LUMIX機に昔からあるEXテレコン。確かLUMIXを使い始めたFZ30にもあった。そのころから静止画では、倍率が足りないとき、使ってきた。ところが、これまで動画では一度も使った事がなかった。使う場面、必要がなかったからとも言える。

2020年3月28日土曜日

ミラーレスユーザーのための動画用語集


デジカメWatchに表題の記事がアップされている。動画と聞くと、直ぐに拒否反応が出る方もいるが、ぜひ、ここで理解を深めてはどうかと思う。そして、ここで使われているカメラが、LUMIX G9である。ユーザーの方にはぜひみて欲しい記事である(文末にリンクあり)。

2020年3月27日金曜日

広がる感染!新型コロナウイルス


ここ数日、新型コロナウイルスの都内での感染者数が急に増えている。報道やニュースの感染者数のグラフを見ると、ちょと怖くなる。これから先、感染者数の推移はどうなるのか?このまま増えてゆけば、懸念される東京の封鎖が現実味を帯びてくる。

2020年3月26日木曜日

小川プロのLUMIX CP+2020 Special Seminar


小川浩司プロの「LUMIXで撮るネイチャー写真と映像」が公開されている。小川プロは、ビデオSALONから出版されているGH5ムービー完全攻略ガイドブックの冒頭に出てくる方である。千葉在住で自然映像写真家として、道東での撮影に取組まれている(文末にリンクあり)。

2020年3月25日水曜日

東京オリンピック延期 !


24日、東京オリンピックの延期が決まった。一年ほど延期だという。ともかく聖火リレーが始まる前に決まってよかった。聖火リレーが始まってからでは、いかにも格好悪い。個人的には、早く延期すべきだと思っていたので、やっとと言う思いである。

2020年3月24日火曜日

PHOTOTRENDによるオリンパスマネジャーへのインタビュー


フランスのPHOTOTRENDに、オリンパスのマーケティング戦略担当シニアマネージャーの佐古正典氏にインタビューした記事が出ている。カメラ部門売却の突っ込んだインタビューもあり、なかなか面白い。マイクロ4/3ユーザーには、お勧めの記事である(文末にリンクあり)。

2020年3月23日月曜日

森脇プロのLUMIX CP+2020 Special Seminar


LUMIX CP+2020 Special Seminarに「森脇が語る!LUMIX シーン別マル秘ネタ特集」がある。森脇プロのセミナーは、何度か拝聴しているが、とても実践的だ。このセミナーもアマチア向けにカメラの設定を中心にされていて、とても有意義である(文末にリンクあり)。

2020年3月22日日曜日

息苦しい日々


テレビを付けると、新型コロナウイルスの話題ばかり。見ないわけにはいかないので、ニュースばかりを見ている。イタリアを筆頭にヨーロッパでの感染の広がり、アメリカの思い切った対策など驚くばかりだ。欧米での感染の広がりは、文化の違いによるのだろうか。

2020年3月21日土曜日

写真で見るCanon EOS R5


今月初めに、デジカメWatchにアップされたものだが、発売予定のEos R5の写真が多く出ている。Rシリーズの1号機Eos Rによく似たデザインをしている。ただし、ボディの大きさは、厚みがRよりありそうだ。8K/30Pが登載されるので放熱対策なのだろうか(文末にリンクあり)。

2020年3月20日金曜日

フォトキナが中止に!


DPREVIEに、表題の記事が出ている。フォトキナは、今年から5月に開催される事になっていたのだが、残念である。言うまでもなく中止の原因は、新型コロナウイルス。CP+も中止になったので、何だか空しさが漂う。カメラメーカーも困惑している事だろう(文末にリンクあり)。

2020年3月19日木曜日

相原プロ ランドスケープフォトの極意術


昨日取上げたSpecial Seminarの中に相原正明プロの「ランドスケープフォトの極意術」がある。著書も持っていて、以前CP+でセミナーを拝聴した事があり、作風に惹かれている。セミナーでは、丁寧にLUMIX機の良さを語っていた(文末にリンクあり)。

2020年3月18日水曜日

LUMIX CP+2020 Special SeminarのWeb公開が始まった


ふと気になって、LUMIX CP+2020のページを開くと、いつの間にかSpecial Seminarが始まっていた。現在公開されているのは、数セミナーだが順次公開されるようで、これは楽しみである。見逃すことなく、全部視聴したいと思っている(文末にリンクあり)。

2020年3月17日火曜日

気になるレンズ


何度か同じタイトルで、気になるレンズを取上げている。しかし、未だに一本も買っていない。基本が年金生活なので、物を買うのに慎重なのだ。それと新型コロナウイルスの影響もある。それは、さて置いて今回の気になるレンズは、マクロレンズである(文末にリンクあり)。

2020年3月16日月曜日

Panasonic Japan(パナソニック公式)チャンネル内のルミックス(LUMIX)


YouTubeにPanasonic Japan(パナソニック公式)チャンネルがある。ここ数年、YouTubeを使っているが、私には未だ迷路だ。やっと、ルミックス(LUMIX)関連の動画がまとまっている事を知った。再生リストでもなさそうだが、57本の関連動画がまとまっている(文末にリンクあり)。

2020年3月15日日曜日

つまらない日々


新型コロナウイルスの影響で世界が止っている。行動制限によって、人も物も動かない、動けない状況が続いている。ブログで取上げたいカメラネタも乏しくなっている。この閉塞感は何時になったら解消するだろうか?あと一ヶ月くらいで何とかならないものか(文末にリンクあり)?

2020年3月14日土曜日

キヤノン次世代ミラーレス「EOS R5」のスペック


2月16日に、このブログで取上げた「EOS R5」。13日のAV Watchに発表されたスペックが出ている。最も気になっていたのは8K動画だが、8K/29.97fpsでカメラ内で記録可能だという。記録時間は不明ながら、素晴らしいスペックではないだろうか(文末にリンクあり)。

2020年3月13日金曜日

中国で生産が増加


世界各国で新型コロナウイルスの感染が広がっている。今一番深刻なのはイタリア、ヨーロッパだろうか?また、アメリカもかなり広がっていて、これからどうなるのか?終息が見えない。日本も毎日50人を超える感染者が報告されていて、先が見えない(文末にリンクあり)。

2020年3月12日木曜日

リコー ペン型デザインの全天球カメラを開発中


デジカメWatchを見ていて、表題の記事に目が止った。このカメラ、リコーが新組織で力を入れて開発しているのだという。写真を見ると、現行の「RICOH THETA」より小型で、ペン型をしている。静止画はもとより、動画の仕様が大いに気になった(文末にリンクあり)。

2020年3月11日水曜日

今週の写真家夫婦上田家はLUMIX


以前紹介したYouTubeの写真家夫婦上田家チャンネル。今週は、LUMIX機を取上げている。今のところ、2本の動画がアップされている。一本はLUMIXのカメラ本体。2本目はLUMIXのレンズになっている。どちらも解りやすく解説されている(文末にリンクあり)。

2020年3月10日火曜日

ニコン、新型コロナウイルスの影響で「D6」を発売延期


表題の記事がデジカメWatchに出ている。D6は、ニコンのフラッグシップ機。ライバルのキヤノンEOS-1D X Mark III は、すでに販売されているので痛手だ。理由は、外部協力会社からの部品供給が遅れているためだという。中国からの部品供給の遅れと思われる(文末にリンクあり)。

2020年3月9日月曜日

LUMIX S1H対GH5 / 4kダイナミックレンジおよびボケ品質テスト


表題の記事が、L-Rumorsに出ていて比較動画が出ている。パナソニックの動画と静止画のハイブリッド機の比較なので、興味深い。見る前から、フルサイズとマイクロ4/3との比較なので、S1Hが圧倒だと思ったのだが、GH5もなかなかやるという印象になった(文末にリンクあり)。

2020年3月8日日曜日

マイクロ4/3 新レンズカタログ


マイクロ4/3も参加企業が少しずつ増え、存在感が増しつつある。マイクロ4/3の強みの一つに、レンズが豊富な事が挙げられる。オリンパスやパナソニックだけでなく、参加企業が製造したマイクロ4/3用のものなら、当然互換性があるので、選択肢が多い(文末にリンクあり)。

2020年3月7日土曜日

オリンパス OM-D E-M1 Mark III レビュー


デジカメWatchに、表題の レビューが出ている。OM-D E-M1 Mark III の前評判は、イマイチだったが、今日の価格COMを見るとデジタル一眼で売れ筋2位である。これは、大したもので、流石とだと言えよう。古くからのカメラメーカーの強さと言えよう(文末にリンクあり)。

2020年3月6日金曜日

新型コロナウイルスとカメラ販売


CIPAが発表している今年1月のカメラ販売は、大きく落ち込んでいる。金額にして19%の落ち込みだという。1月は、新型コロナウイルスは、まだ中国中心だったので、影響はそれ程大きくないはず。世界中に広まった2月、3月は想像するだけで怖くなる。

2020年3月5日木曜日

オリンパス150-400mmの新しい画像!


43RUMORSに表題の記事が出ている。DPREVIEWの写真を紹介しているものだが、間違いないものだと思う。過去の写真にも似ている。見るからに、キヤノンの白レンズだが、大きさも匹敵しそうだ。F4.0通しとF4.5通しのウワサがあるので、どっちなのか気になる(文末にリンクあり)。

2020年3月4日水曜日

デジカメ市場に立ちはだかる新型コロナの壁


ニュースイッチに表題の記事が出ている。キヤノンは、国内工場の生産を2週間停止する。理由は、中国からの部品調達が遅れているからのようだ。国内に組み立て工場があっても、部品が中国なら遅れるのはやむを得ない。とは言え、中国依存の現実はあまり面白くない(文末にリンクあり)。

2020年3月3日火曜日

LUMIX フィルター効果


2月28日にフォトスタイルについて書いた。今日は、フィルターについて。フォトスタイルによって、色味や色合いの変更が可能だが、フィルターは更に劇的な効果が生まれる。フイルム時代にもレンズに装着するフィルターがあったのでそのデジタル版と言えよう(文末にリンクあり)。

2020年3月2日月曜日

オリンパス「CP+2020」予定していたトークイベントなどを動画配信


オリンパスが中止になったCP+2020で予定していたトークイベントを動画配信している。これは、かなり有り難い。たぶん他社も同じようなことをやってくれるのではないかと思う。各社の発表をワクワク気分で待ちたい。1週間位の間にアップされるのではないだろうか(文末にリンクあり)。

2020年3月1日日曜日

新型コロナウイルス感染拡大によるカメラメーカー各社拠点の休館情報


表題の記事が、デジカメWatchにまとまって出ている。各社とも修理からセミナーまで、延期や中止である。何とも寂しい限りだ。全国の学校が休校になるので、カメラ各社も何しないわけにいかないのだろうが、それにしても、ちょとやり過ぎではないだろうか(文末にリンクあり)。

都合により本日の更新は夕方から夜になりますm(__)m

更新が遅れますので、新しくアップした動画だけ案内します。


2020年2月29日土曜日

新型コロナコロナウイルスによるカメラ生産への影響


43RUMORSによれば、オリンパスの新機種E-M1 IIIの出荷が遅延しているという。アマゾンから出荷が遅延するメールが届いているらしい。原因を新型コロナウイルスにる生産の遅延では?としている。同様に富士フイルム機でも出荷が遅れているようだとしている(文末にリンクあり)。

2020年2月28日金曜日

LUMIX フォトスタイル


マイクロ4/3のLUMIX機では、JPEGの色味や画質を決めるのにフォトスタイルがある。標準的には8種類だが、一番多いのはGH5で、12種類も用意されている。場面に応じて使いこなしたいものだが、私を含めてあまり変える人は少ないのではないだろうか(文末にリンクあり)。

2020年2月27日木曜日

富士フイルム 「X-T4」を発表


26日、富士フイルムがAPS-Cミラーレス一眼の「X-T4」を発表した。前機種のX-T3から約一年半での新機種投入となる。これは、今時の他社に比べてかなり早い。会社全体としては景気がいいのだろうが、それにしてもこの早さに驚く。(文末にリンクあり)

2020年2月26日水曜日

写真の合成と加工はどこまで許される? その2


加工や合成は、フォトコンテストでは明確にすべきだろう。募集ジャンルとして分けるのが筋だと思う。何でもありの募集は、かえって混乱する。何でもありの募集では、合成や加工が正当に評価されない懸念があるのだ。応募規定で別ジャンルにすべきだろう。

2020年2月25日火曜日

写真の合成と加工はどこまで許される?


アサヒカメラ3月号の特集は、「写真の正義の話をしよう」サブタイトル「写真の合成と加工はどこまで許されるのか?」である。粗々読んでみると、プロの方々はほぼ同じ意見のように思える。私も同じように「合成や加工はOK」である。まあ、正面から反対とは言えないと思う。

2020年2月24日月曜日

マイクロ4/3規格賛同企業が拡大


デジカメWatchを見ていたら、表題の記事が出ていた。パナソニックがフルサイズへ参入したので、マイクロ4/3への求心力がやや弱まるのではと危惧していたのだが、賛同企業が増える事はいいことだ。今回賛同した企業は3社で、内訳は国内1社、中国2社である(文末にリンクあり)。

2020年2月23日日曜日

シャープ 8K登載スマホAQUOS R5G


シャープが8K動画を登載したスマホを発売すると言う。名前は、表題のとおりAQUOS R5Gである。今春から予定されている5Gサービスに合わせて発売するようだ。シャープは8Kテレビを発売後、8K動画に随分と熱心に取組んでいる様に見える(文末にリンクあり)。

2020年2月22日土曜日

映画のような映像が撮りたい! 初心者も要注目な「LUMIX S1H」の真価


表題の記事がAV Watchに出ている。S1Hは、マイクロ4/3で言えば、GH5Sのように動画用の一眼カメラ。もちろん静止画も撮れるフルサイズ一眼である。ここまで映像制作に向けてつくられた一眼カメラは他にない。マニア羨望のカメラと言えよう(文末にリンクあり)。

2020年2月21日金曜日

キヤノンEos R5をオリンピック前に投入!


いよいよキヤノンが本気で動き出した。オリンピック前に、8K動画を登載したEos R5を投入すると言うのだ。オリンピック用として、フラッグシップ機の一眼レフのEOS-1D X Mark III を投入したばかりなのだが、2段構えの戦法に驚いてしまった(文末にリンクあり)。

2020年2月20日木曜日

LUMIX DC G9とGH5S バージョンアップ


表題のとおり、G9とGH5Sがバージョンアップされた。内容は、外部フラッシュを装着して連写撮影すると、フリーズする場合があると言う不具合である。そのフリーズは、フォーカスモードを[AFC/AFF]、LVF表示速度を[120fps]に設定時だという。

2020年2月19日水曜日

DPREVIEW パナソニック 山根氏へインタビュー


DPREVIEWに、先月ラスベガスで行われたCESでパナソニックイメージングビジネス部門ディレクターの山根洋介氏と会談した詳細な内容が出ている。興味深い質問が幾つかあって、面白く読むことができた。LUMIXユーザーとして今後の展開が頼もしく思えた(文末にリンクあり)。

2020年2月18日火曜日

静止画と動画


ここのところ動画中心に撮っていた。ふと、静止画を撮ろうとすると、撮り方が判らなくなる。静止画と動画は、視点が違うので切替えようとすると戸惑う。頭の中が混乱する。上手く整理できていない事もあるが、両方撮る難しさを感じてしまった。

2020年2月17日月曜日

CIPA CP+2020の開催中止について会見


デジカメWatchに表題の記事が出ていた。ひょっとして、日程をずらして開催するのではと思ったが、CP+としての開催は考えていないと言う。必要なら、各社がそれぞれイベントを行うのだろう。または、CP+と名前の異なるイベントならあり得るのかもしれない(文末にリンクあり)。

2020年2月16日日曜日

キヤノン 8K対応のフルサイズ「EOS R5」を開発発表


13日、キヤノンがフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」の開発を発表した。驚くのは、8K動画に対応させると発表したことである。私の記憶では、キヤノンはこれまでデジカメに高度な動画を登載する事に熱心ではなかった。方向転換を図ったように思える。(文末にリンクあり)。

2020年2月15日土曜日

【重要】CP+2020開催中止のお知らせ


CP+事務局より、表題の中止メールが届いた。前々日から全国で、新型コロナウィルスの感染経路が不明な感染者が出たので、これは懸命な選択だと思う。カメラファンとしては寂しいが、やむを得ない。来年同じ事が起らないよう、医学的対策が進むことを期待したい(文末にリンクあり)。

2020年2月14日金曜日

マイクロ4/3がNo.1 達成


12日、オリンパスとパンソニックが、マイクロ4/3マウントがレンズマウント別台数国内シェアNo.1を達成したと発表した。調査は、全国の有力カメラ取扱店の販売実績データに基づくフォーサーズ事務局が行ったものである。独自調査とはいえ、素晴らしい事である(文末にリンクあり)。

2020年2月13日木曜日

オリンパス OM-D E-M1 Mark III 正式発表!


12日、オリンパスが予定どおりOM-D E-M1 Mark IIIを正式発表した。発売は28日だという。位置づけは、オールラウンドプロフェッショナルモデル。オリンパスのレンズは、数本使っているが、ボディのユーザーではないので位置づけがよくわからない(文末にリンクあり)。

2020年2月12日水曜日

カメラの進歩


ここ数年、カメラの進歩が停滞しているように感じる。画像処理エンジンは進歩しているものの、センサーの写りそのものは、5年くらい変わっていないように思える。読み出し速度の高速化で連写枚数はアップしても、画質は変わっていないのではないだろうか(文末にリンクあり)。

2020年2月11日火曜日

オリンパス E-m1IIIおよび12-45mm日本価格情報


表題の記事が、43RUMORSに出ている。いよいよ12日発売なので、情報が漏れたのだろう。OM-D E-M1 Mark III本体が217,800円と出ている。現行機種が発売された時とほとんど同じようだ。センサーもボディも変わらないので、妥当な価格ではないだろうか(文末にリンクあり)。