2018年2月26日月曜日

LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm/F2.8-4.0 その2


レンズの価格や寸法は、まだ不明。今週中には発表されるだろうか?フイルター径は、現行100-300mm/F4.0-5.6と同じなので、ほぼ同じ程度かも知れない。

価格は、10万超えは確実としても、あまり高くなって欲しくない。15万前後と推測したい。買うかどうかは不明だが、欲しいレンズであることに違いない。


アップ写真は、梅花の吸蜜に来たメジロ。メジロ撮りも慣れると、撮影精度が上がってくる。ただし、梅の小枝の中に入り込むことが多く、よい所に出てくるまで辛抱が必要だ。

【メジロ】



『撮影DATA』

焦点距離:400mm(35mm換算800mm)
シャッターS:1/640
F値:6.3
ISO:320
露出プログラム:絞り優先

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3


「デジカメ浪漫を見る」


2018年2月25日日曜日

LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm/F2.8-4.0


Web上に、以前から発売が噂されていたLEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm/F2.8-4.0の画像が流れている。もうすぐ発表だという。

現段階で流れているのは、画像だけだがフィルター径が67mmであることが読み取れる。デザインは、LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3やLEICA DG ELMARIT 200mm/F2.8と同じ系統である。

ただ、三脚座が無いように見えるので、意外に小型なのかもしれない。LEICA名のレンズなので、写りは間違いなくいいだろう。問題は価格。そして、発売されている1.2倍や2倍のテレコンが使えるのかどうかが気になる。


アップ写真は、久々に撮ったコゲラ。コゲラも動き回る鳥なので、上手く撮るのはなかなか大変。ファインダーを覗いて、一発で捉えないと、直ぐに見失ってしまう。

【コゲラ】

『撮影DATA』

焦点距離:400mm(35mm換算800mm)
シャッターS:1/640
F値:6.3
ISO:1000
露出プログラム:絞り優先

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3


「デジカメ浪漫を見る」



2018年2月24日土曜日

8K有機CMOSセンサー 3


有機CMOCセンサーは、夢のセンサー。さて、実際に何処が製造するのだろうか?と考えていると、43rumorsにタワージャズとPanasonicがグローバルシャッターとBSIセンサー技術を推進しているという記事が出ていた。

タワージャズは、センサー製造会社でPanasonicと関係が深い。有機センサーの製造にも関わるのではないだろうか?

ほぼ毎年、Panasonicは2月に有機センサーの技術を発表してきた。今年2月14日に発表された技術開発は、直ぐにでも製造可能な印象であった。早く実物の有機CMOSセンサーを見たいものだ。


アップ写真は、ムクドリの飛立ちシーン。久し振りに6Kフォトを使って撮ってみた。シャッタースピード1/2000でも羽はかなり動体ブレをしている。SSを上げ、ブレを抑えると、さらにISO感度が上がり、画質的に厳しくなる。やはり4K/6Kフォトは、高感度が課題である。早く有機センサーや、デュアルネイティブISOテクノロジーが欲しい。

【ムクドリの飛立ち】



『撮影DATA』

焦点距離:400mm(35mm換算800mm)
シャッターS:1/2000
F値:6.3
ISO:1600
露出プログラム:SS優先(6Kフォト )

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3


「デジカメ浪漫を見る」


2018年2月23日金曜日

8K有機CMOSセンサー 2


現在のCMOSセンサーは、順次露光するローリングシャッターである。よって、高速で動く動体を撮影すると、画像が歪む現象が見られる。俗に言うローリングシャッター歪みである。

COMSセンサーを製造している各社は、これを克服するために、全画素を同時露光するグローバルシャッターを競って開発してきた。しかし、画素にいろいろな制約ができ、理想的なグローバルシャッターになっていなかった。
Panasonicoが開発した有機塗膜を使ったグローバルシャッターは、画素への制約がなく理想的なシャッターになるという。


アップ写真は、下に向かって戦闘態勢に入ったカラス。カラスを撮ることは、ほとんど無いのだが、目の前で急行下していたので、遊び半分でシャッターを切ったものである。

【戦闘態勢のカラス】



『撮影DATA』

焦点距離:400mm(35mm換算800mm)
シャッターS:1/2000
F値:6.3
ISO:500
露出プログラム:SS優先

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3


「デジカメ浪漫を見る」


2018年2月22日木曜日

8K有機CMOSセンサー


今月14日に、Panasonicが8K有機CMOSセンサーの設計技術を発表したことは、すでに書いた。この時、内容にほとんど触れなかったので、少し書いてみたい。

この技術のポイントは、高速ノイズキャンセル技術、広ダイナミックレンジ化とグローバルシャッター化の技術を備えている事にある。
高速ノイズキャンセル技術は、Panasonic独自の「画素内-容量結合型ノイズキャンセル回路」によって、高速にキャンセルする技術だという。


アップ写真は、ヒドリガモとコガモの群れが飛ぶ姿を撮ったもの。この日は、やや寒くて、カモ達が思うように飛んでくれなかったが、やっと飛んでくれた時を狙って撮ったものである。

【ヒドリガモの群舞】



『撮影DATA』

焦点距離:400mm(35mm換算800mm)
シャッターS:1/2000
F値:6.3
ISO:1250
露出プログラム:SS優先

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3


「デジカメ浪漫を見る」


2018年2月19日月曜日

DC-GX7MK3 その4


DC-GX7MK3のカラー展開は、2色。ブラックとシルバーだ。この内、シルバーは海外のGX9のシルバーと配色が異なる。

海外のGX9は、トップカバーだけシルバーなのだが、国内のGX7MK3のシルバーは、底面と背面もシルバーになっている。現行GX7MK2のシルバーと同じ配色である。

個人的には、現行GX8か初代GX7の配色のように背面は黒にして欲しかった。その方が高級感があるし、カッコいいと思う。


アップ写真は、波紋の中に佇むカルガモ。カルガモは、波紋を創る名人だが、この波紋は、光の反射もあって美しい絵になった。的確な動きを捉えるため、撮影には6Kフォトを使っている。

【バレリーナのように】



『撮影DATA』

焦点距離:400mm(35mm換算8000mm)
シャッターS:1/1600
F値:6.3
ISO:1600
露出プログラム:SS優先(6Kフォト )

使用カメラ:LUMIX DMC-GH5
使用レンズ:LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3


「デジカメ浪漫を見る」


2018年2月18日日曜日

LUMIX DC-GX7MK3 その3


DC-GX7MK3の新機能の中で、面白いものを見つけた。それは、4Kフォトを使った軌跡合成である。1枚の写真の中に、動体の軌跡を選んで合成する機能で、いろいろ遊べそうだ。

希望としては、付属するソフトPHOTOfunSTUDIOで合成が出来ればいいが、フォーカス合成と同じように、カメラ内合成であろう。使うには、GX7MK3を買うしかない。


アップ写真は、多摩川の流れを大きく入れ、鉄橋を渡る貨物車を撮ったもの。使ったカメラは、コンデジのDCM LX9である。ファインダーが無いので、背面液晶で撮ったが、やはりファインダーのあるカメラの方が使いやすい。

【冬の多摩川を渡る】



『撮影DATA』

焦点距離:13.0mm(35mm換算35mm)
シャッターS:1/200
F値:6.3
ISO:125
露出プログラム:絞り優先

使用カメラ:LUMIX DMC-LX9


「デジカメ浪漫を見る」