2017年8月21日月曜日

寒い夏 Ⅱ


冷夏という言葉を実感した夏が、過去何度かあった。しかし、今年の8月は、経験したことのない異常気象だ。8月に入って、全くエアコンを付けなくても過ごせる日が数日あった。果たして、東北、関東の米所は大丈夫だろうか。低温と日照不足による不作が心配される。

近所の公園の木々には、羽化したセミの抜け殻が沢山付いていた。異常気象でも、セミはしっかり体内時計で時を知り、羽化したようだ。昆虫の生態に影響が出るようだと、かなり深刻な事態だが、そこまでには至っていないようだ。

天気予報では、もう一度夏が戻ってくるという。猛暑はごめんだが、普通の夏になって欲しいものだ。

【生きる】



『撮影DATA』

焦点距離:213mm(35mm換算426mm)
シャッターS:1/200
F値:5.1
ISO:1250
露出プログラム:SS優先

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3


「デジカメ浪漫を見る」


2017年8月20日日曜日

寒い夏


先日、数日間、寒いと思う日があった。いったい夏だというのに如何したことか。8月に入って、青い空と輝く太陽を全く見ていない。何でもオホーツク海の寒気を持った高気圧が強いせいだという。

それにしても、こんなに天候が不順だと生き物たちも、さぞ戸惑っているに違いない。そう思って近所の公園を散策すると、蝉が勢いよく鳴いていたので安心した。アップ写真は、懸命に鳴いていたミンミン蝉である。逆光気味に撮ってみた。

【晩 夏】


『撮影DATA』

焦点距離:236mm(35mm換算472mm)
シャッターS:1/125
F値:6.3
ISO:200
露出プログラム:SS優先

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3


「デジカメ浪漫を見る」


2017年8月19日土曜日

野鳥撮影 Ⅲ


対象の野鳥をどれだけ大きく撮るか、表現するものによって異なる。それを、判断して撮るには、経験の積み重ねが必要だろう。また、現場でいろいろな画角で撮っておくことも必要だ。デジタルなので、最後はトリミングという手もある。アップ写真は、野鳥の位置整えるため、少しトリミングしている。

【白の記憶】



『撮影DATA』

焦点距離:213mm(35mm換算426mm)
シャッターS:1/500
F値:6.3
ISO:250
露出プログラム:絞り優先

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3


「デジカメ浪漫を見る」


2017年8月18日金曜日

野鳥撮影 Ⅱ


野鳥撮りで、焦点距離目一杯で撮る癖は、望遠能力の足りないレンズで、撮影してきた経緯もある。兎に角、出来るだけ寄って、大きく写したかった事を覚えている。

LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3は、35mm換算で最大800mmになるので、望遠能力は申し分ない。これからは、200mm~800mmを生かした絵作りを心がけたいものだ。アップ写真は、引いて撮ったダイサギである。

【静  寂】

『撮影DATA』

焦点距離:213mm(35mm換算426mm)
シャッターS:1/600
F値:6.3
ISO:320
露出プログラム:絞り優先

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3


「デジカメ浪漫を見る」


2017年8月17日木曜日

野鳥撮影


撮影の中で、今のところ野鳥撮影が一番面白く感じる。スリルがあるし、技術が要求されるからだ。ただ、どうしても大きく写したくて、目一杯の焦点距離で撮ってしまう。これは、野鳥好きの性で、鳥の羽毛や眼の輝きなどを愛でたいのである。よって、構図が疎かになる。

このことには、以前から気付いていたものの、なかなか修正ができない。使用しているLEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3はズームなので、もう少し工夫をしたいところだ。アップ写真は、典型的な焦点距離目一杯写真である。

【アオサギ】



『撮影DATA』

焦点距離:400mm(35mm換算800mm)
シャッターS:1/640
F値:6.3
ISO:500
露出プログラム:絞り優先

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3


「デジカメ浪漫を見る」


2017年8月14日月曜日

LX9でスナップ Ⅴ


フォトコンテストに挑戦することは、一つの楽しみではあるが、すべてではない。あまり気負いすぎると、撮る事に疲れてしまう。気軽にやることが一番だろう。
ただ、いつも何か傑作を撮りたいという気持ちだけは、持っている必要がある。それがないと、シャッターチャンスに逃げられてしまう。

【横断歩道】

『撮影DATA』

焦点距離:8.8mm(35mm換算24mm)
シャッターS:1/60
F値:5.6
ISO:125
露出プログラム:絞り優先

使用カメラ:LUMIX DMC-LX9


「デジカメ浪漫を見る」






2017年8月13日日曜日

LX9でスナップ Ⅳ


日常を気軽に撮る、記録する。それがスナップの基本だと思う。ところが、これがフォトコンになるとなかなか難しい。個人的には、日常の何気ない姿を撮ることが好きなのだが、フォトコンに勝つにはもっといろいろな工夫が必要になる。
光や影、特殊な形、奇抜な形、非日常的なもの、変わった視点などだ。スナップする時は、こうした点を考慮しながら歩くものの、そう簡単によいもの撮れない。

【帰り道】



『撮影DATA』

焦点距離:12.8mm(35mm換算35mm)
シャッターS:1/80
F値:2.8
ISO:400
露出プログラム:SS優先

使用カメラ:LUMIX DMC-LX9


「デジカメ浪漫を見る」