2017年4月24日月曜日

GH5の試写は続く Ⅳ


23日は、久々の晴天。多摩川に出て、GH5のAFCで飛翔シーン撮りをやってみた。感触としては、これまでもよりも格段にAFのキレがよくて、歩留まりも高い。ただ、多様な設定が可能なので、飛翔シーンにはこれがベストだという設定はまだ見つかっていない。

連写時(髙速、中速)のファインダーについてテストしてみると、ボケはAFCとAFFで発生する。もしかしてと思って、GX8で試してみると、GH5よりボケ具合が少ないものの、AFCとAFFで同様にボケることが判った。AFSなら両機ともボケないし、超望遠以外なら気にならない。ひょっとすると、LUMIX共通、あるいはミラーレス共通なのかもしれない。

要因は、予測AFに関係していそうだ。正規の解像度だと、連写回数に追いつけないので、やむを得ず低解像度にしているものと思われる。そういうものだと割り切って使うしかないが、可能であれば少しでも解像度がよくなるよう改良してほしい。

【カワウの飛翔】



『撮影DATA』

焦点距離:400mm(35mm換算800mm)
シャッターS:1/4000
F値:6.3
ISO:1600
露出プログラム:SS優先

使用カメラ:LUMIX DMC-GH5
使用レンズ:LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3


「デジカメ浪漫を見る」


2017年4月23日日曜日

GH5の試写は続く Ⅲ


デジタルカメラの最先端技術が詰まったGH5。これからしっかり使いこなしていきたい。ここまで、進歩した技術が詰まっていると、後はどう使いこなすかが、課題だろうと思う。

それでも、各所の掲示板を見ると、AFが遅いとか、外れるとか、あれやこれ苦言ばかり言う人もいる。どんなカメラだって完璧なものはない。そういう人に、使う技術を身につけるとか、工夫するという発想がないものだろうか。

アップ写真は、川面を高速で飛ぶハクセキレイを捉えたもの。半分まぐれだが、ファインダーを覗いて、AFCで225点モードを使い撮影したものである。

【ハクセキレイの飛翔】



『撮影DATA』

焦点距離:400mm(35mm換算800mm)
シャッターS:1/4000
F値:6.3
ISO:640
露出プログラム:SS優先

使用カメラ:LUMIX DMC-GX8
使用レンズ:LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3


「デジカメ浪漫を見る」


2017年4月22日土曜日

GH5の試写は続く Ⅱ


新しいカメラを買って、1,000枚くらい撮ると、ほぼカメラの個性や能力が把握できるのだが、GH5ではこれが出来ていない。もう4,000枚も撮っているのに、カメラの全貌が把握できない。と言うのも、操作メニューで、詳細設定できる項目が増え、この把握が出来ていないのだ。素晴しいカメラであることは、解っていても、何がどう素晴しいのか、詳細な把握をしたいのである。

先日も、フォーカ/スレリーズの中にある「フォーカス/レリーズ優先」のメニュー項目に、選択肢が増えていることに気付いたばかりだ。何と、AFS/AFFとAFC毎に、「フォーカス」「バランス」「レリーズ」が選択できるようになっているではないか。

これまでのLUMIX機なら、クイックAFとかアイセンサーAFは使わないので、「フォーカス」に設定していたのだが、AFCのディフォルトでは、「バランス」になっており、変更も可能なのである。好みは、ピント優先なので「フォーカス」とは言え、連写速度がどれくらい犠牲になるのかも知りたいのである。

アップ写真は、昨日と同じくAFCで225点モードを使い、大きさを調整して撮影したもの。コントラストAFは、空が背景だと反応しないのでAFが抜ける事が少ない。こういう場合は、非常に撮り安い。

【高く飛ぶダイサギ】


『撮影DATA』

焦点距離:280mm(35mm換算560mm)
シャッターS:1/1300
F値:5.6
ISO:400
露出プログラム:SS優先

使用カメラ:LUMIX DMC-GX8
使用レンズ:LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3


「デジカメ浪漫を見る」


2017年4月21日金曜日

GH5の試写は続く


GH5の高速連写は、AFCで9枚/秒。中々の実力である。試写中ながら、GH4より格段に進歩している事を実感。これまで、LUMIX機では、AFモードの1点AFばかり使って来たが、GH5ではいろいろなモードを試している。測距点も225点に増えたので、225点モードも大きさをコントロールすると、面白い使い方ができそうである。AFのカスタム設定もできるようになっているので、実に多彩だ。

残念なのは、高速AFCだと、ファインダーの連写中の画像がボケて見える事。連写を維持するために、低解像度になる仕様らしいのだが、何とか改善できないものかと思う。仕様だと割り切って撮影すれば、我慢の範囲内ではあるが、少しでも解像度を上げて欲しいところだ。

アップ写真は、AFCで225点モードを使い、大きさを調整して撮影したもの。AFが背景に抜ける事無く、上手く撮る事が出来た。

【ダイサギの飛翔】



『撮影DATA』

焦点距離:400mm(35mm換算800mm)
シャッターS:1/2000
F値:6.3
ISO:1000
露出プログラム:SS優先

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3


「デジカメ浪漫を見る」


2017年4月20日木曜日

急に夏模様


一気に気温が上がって、急に夏模様。桜の花は、慌てたかのように散ってしまった。何と最高気温は、ここ数日25度を超えたのだ。通勤中に見掛けた桜は、すでに若葉が元気に出ていた。アップ写真は、16日に撮影したものだが、今日は、きっと若葉が沢山出ていることだろう。
近所では、八重桜の「関山」がピンク色に輝き始めた。この分だと、すぐに満開になりそうだ。

【散りゆく野川の桜】



『撮影DATA』

焦点距離:60mm(35mm換算120mm)
シャッターS:1/200
F値:13.0
ISO:200
露出プログラム:絞り優先

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6


「デジカメ浪漫を見る」


2017年4月17日月曜日

ついに桜が散った


ここ数日、暖かい日が続いため、ついに桜が散った。12日夜、ライトアップされた野川の桜も、葉桜になりつつあった。数日での変化に驚く。
野川の川面を見ると、予想どおり花弁が次々に流れていた。花筏の撮り放題。花弁の流れを低速で撮ることと、川面の反射を防ぐ必要があり、三脚、NDフィルター、PLフィルターを駆使。撮影中に、三脚毎GX8が転倒する事態もあったが、何とか機材も無事で撮影できた。それにしても、三脚の転倒は怖い。以前、GX8を一台、三脚の転倒で失っているので、冷や汗ものだった。
本日も写真は、2枚アップ。ただし、撮影情報は省略。

【野川の花筏 Ⅰ】(GX8+G VARIO 7-14mm/F4.0

【GH5+G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6】



「デジカメ浪漫を見る」


2017年4月16日日曜日

GH5の連写性能


GH5を買ってから、6Kフォトの試し撮りを中心にやっていたので、通常の静止画連写は、ほとんどやっていなかった。先日は、飛翔するコサギを見つけたので、この連写で撮ってみた。結果は、素晴しいの一言につきる。AFCで9枚/秒の連写は、素晴しい実力だった。
アップ写真は、その時のもので特別に2枚上げてみた。1枚目は、JPEG撮って出しそのまま。2枚目は、コサギの部分をトリミングしたものである。一見、白トビしていそうなボディも、破綻はほとんど無く、羽毛がよく解像している。撮影方法は、昨年夏から、挑戦しているファインダー撮りである。

【コサギの飛翔シーン】

【コサギ部分のトリミング】



『撮影DATA』

焦点距離:400mm(35mm換算800mm)
シャッターS:1/2000
F値:6.3
ISO:320
露出プログラム:SS優先

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3


「デジカメ浪漫を見る」