2017年5月29日月曜日

酷いJ:COM NET Ⅱ


今回のJ:COM NETの回線不調では、多大な影響を受けた。ブログの作成中、アップ中に回線切断が起り、更新作業ができないことがあった。SNSへの写真アップもままならなかった。メールを書いている途中の切断もあった。何かの作業中の切断は、心底頭にくる。

J:COM NETの批判を書いているが、J:COMのサービスすべてが悪いわけではない。J:COM TVやPHONEは、トラブルがほとんどない。及第点だろう。

J:COMの本来業務は、ケーブルTV。NETは、同じ回線を利用して、業務範囲を拡大したもの。だから発展途上だとも言える。しかしながら、これが悪い。技術的にNETの研究不足が露呈している。メンテナンスの仕方が荒っぽい。予告なくユーザーの回線を切断するのだ。この回線を利用して、株などの商取引は絶対できない。極めて危険だ。

【カルガモの着水体勢】



『撮影DATA』

焦点距離:400mm(35mm換算800mm)
シャッターS:1/2000
F値:6.3
ISO:1000
露出プログラム:SS優先

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3


「デジカメ浪漫を見る」


2017年5月28日日曜日

酷いJ:COM NET


レンズネタを書く予定が、加入しているJ:COM NETがあまりにも酷いので書いておきたい。ゴールデンウィーク前から、回線の連続した切断が始まり、徐々に切断回数、切断時間が増えてきた。特にここ数日は、半日以上繋がらないことが続いている。

何度かサポートに電話をしてるが、原因がJ:COM側にあることを認めようとしない。宅内配線だとかモデムが悪いような回答である。切断している状況を見ると、明らかにJ:COMが行なっているメンテナンスや工事に起因しているとしか考えられないのに、それを認めないのだ。認めると料金返還を求められると恐れているのだろう。

通常、異常信号等で切断した回線は、モデムの再起動で復旧する。何度か経験しているので、理解できるが、送り手のJ:COM側に起因していると、モデムの再起動では復旧しない。回線が繋がっていないのだから当たり前だ。自分の所で切断しておいて、ユーザー側に原因を求める。全く理不尽な、酷い企業体質である。

【カルガモの飛翔】



『撮影DATA』

焦点距離:400mm(35mm換算800mm)
シャッターS:1/2000
F値:6.3
ISO:800
露出プログラム:絞り優先

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:LEICA DG 100-400mm/F4.0-6.3


「デジカメ浪漫を見る」


2017年5月27日土曜日

LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6


LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6は、GH5のレンズキットとして発売されていて、3月23日に買った。本当は、LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0が欲しかったのだが、やむを得ない。
LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6を使ってみると、なかなか良い。特に寄れるところが便利だ。撮影倍率が、0.27倍(35mm判換算:0.54倍)なので、ちょとしたマクロ撮りができる。LEICA版の方は、0.3倍(35mm判換算:0.6倍)なので更に大きく撮れるが、これは仕方ない。しばらくは、LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6を使いこなしたい。

【サツキ】



『撮影DATA』

焦点距離:36mm(35mm換算72mm)
シャッターS:1/125
F値:5.6
ISO:320
露出プログラム:絞り優先

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6


「デジカメ浪漫を見る」


2017年5月22日月曜日

L.モノクローム Ⅲ


L.モノクロームは、Panasonicがライカと協業していることから、ライカモノクロームと呼ばれる事がある。Panasonicでは、Luxuryなモノクロ写真と言う意味の「L」だと言ってはいるものの、やはり意味合いとしては、「Leica」のモノクロなのではないだろうか。
あるインタビューで、関係者が目指したのは、モノクロ専用デジタルカメラの階調表現と言っているので、そのカメラは、ずばり「ライカMモノクローム(TYP246)」しかない。センサーサイズも大きく異なるので一概に言えないものの「L.モノクローム」の開発には、ライカの協力もあったのではないかと思う。

【ある改札】



『撮影DATA』

焦点距離:27mm(35mm換算54mm)
シャッターS:1/50
F値:5.6
ISO:2000
露出プログラム:絞り優先(L.モノクローム)

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6


「デジカメ浪漫を見る」


2017年5月21日日曜日

L.モノクローム Ⅱ


モノクロの世界は、難しい。L.モノクロームのデフォルトは、なかなか良いのだが、設定をいろいろ弄って、どう変化するのか試したい。まだ、デフォルトしか撮っていないので、解らないところもある。パット見た感じでは、ハイライト側をもう少し出せればと思う。

【バスの待機場】



『撮影DATA』

焦点距離:27mm(35mm換算54mm)
シャッターS:1/800
F値:5.6
ISO:200
露出プログラム:絞り優先(L.モノクローム)

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6





2017年5月20日土曜日

L.モノクローム


新しいLUMIX機に搭載されたL.モノクローム。LX9には無かったので、やっとGH5で味わっている。L.モノクロームは、ファインダーで覗いた時、しっくりする。明暗、コントラストにキレがあるからだろうか。これまでのモノクロより、ややアンダーで黒の階調が豊かに見える。まだ、撮影枚数が少ないが、いろいろな場面で試してみたい。

【あるホーム】



『撮影DATA』

焦点距離:12mm(35mm換算24mm)
シャッターS:1/125
F値:7.1
ISO:200
露出プログラム:絞り優先(L.モノクローム)

使用カメラ:LUMIX DC-GH5
使用レンズ:LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6


「デジカメ浪漫を見る」


2017年5月19日金曜日

菜の花 Ⅱ


セイヨウアブラナは、主に油を採るため、セイヨウカラシナは、食用として共に明治期ころから導入されたようである。どちらも、食べられるものだが、河原に生えているものは、何となく食べる気がしない。食料難になれば、誰もが競って摘み取るだろうか?今は、しっくり黄色い花を楽しもう。
アップ写真は、多摩川の河原で撮影したセイヨウカラシナ。魚眼レンズを使い光芒を入れて撮影したものである。

【光を浴びて】



『撮影DATA』

焦点距離:8mm(35mm換算16mm)
シャッターS:1/800
F値:18.0
ISO:200
露出プログラム:絞り優先

使用カメラ:LUMIX DMC-GX8
使用レンズ:G FISHEYE 8mm / F3.5


「デジカメ浪漫を見る」