2011年11月30日水曜日

晩秋の輪廻

青く輝き 光と風の中で 戯れた葉にも

この時は やって来る

自然の摂理のままに 朽ちて 落ちて

土に還り 再びの力の源になろう

青く輝く その時のために


「デジカメ浪漫を見る」 


【晩秋の輪廻】

2011年11月29日火曜日

五色の紅葉

色とりどりに もみじは色づく

深き秋の風情に浸る

陽光は このためにあるかのように

照射を繰り返し 赤の五色をつくる

自然の色は 誰にも真似られない



「デジカメ浪漫を見る」


2011年11月28日月曜日

紅葉の散歩道

陽光がもみじを輝かせ 道を彩る

野川沿いの その道は

みんな好きだ みんなそこを歩く

赤く染まる道は 紅葉の道


「デジカメ浪漫を見る」


【紅葉の散歩道】

2011年11月27日日曜日

頭上の秋 3

頭上は遥か 空高く

イチョウは伸びて 青をキャンバスに

黄色い絵具で 絵を描く


「デジカメ浪漫を見る」 


【頭上の秋 3】

2011年11月26日土曜日

頭上の秋 2

視界の届くところすべてが 秋色

見上げれば 頭上のイチョウは

光彩の中で 黄色く踊っていた


「デジカメ浪漫を見る」


【頭上の秋 2】

頭上の秋

風雨を越えて

カツラの木は 悠然と立ち

時の流れを告げる

秋の深まりは 色づく葉をつくり

やがて木枯らしに消えるまで

頭上で秋を演出する


「デジカメ浪漫を見る」


【頭上の秋】

2011年11月25日金曜日

黄色の世界

黄色の世界 一面に

光の中に 輝いていた

幻想を超えた その色は 現実を惑わす


「デジカメ浪漫を見る」 


【黄色の世界】

2011年11月24日木曜日

見上げてみれば

やっとゆっくり もみじが色づきはじめた

逆光に赤く輝くもみじは 目を奪う

日頃は 誰も気づかないのに


「デジカメ浪漫を見る」


【見上げてみれば】

2011年11月23日水曜日

傘とまち

まちが傘越しに見える

人が行き交い まちをつくる

何が楽しい? 何を悩んでいる?

人それぞれの世界 誰も勝手に乱せない

孤独から外へ まちへ出よう


「デジカメ浪漫を見る」 


【傘とまち】

自画像

休日の私は 高揚した気分で

背中に機材を担ぎ 行く

土を踏み 草を踏み 行く

太陽を確かめ 風景をにらみ

形を定めて 夢中にシャッターを押す


「デジカメ浪漫を見る」


【自画像】

2011年11月22日火曜日

赤い輝き

樹のむこうには 赤く色づいた葉が輝く

いよいよ待望の紅葉がやって来た

山を越え 谷を越え ここにやって来た

冷たい風にさらわれるまで ここで赤く輝け


「デジカメ浪漫を見る」


【赤い輝き】

2011年11月21日月曜日

すずめ

最も身近な野鳥 すずめ

住宅の近くに生息し 繁殖していたのに

いつの間にか居なくなった 

すむべき家を失ったのだ

河原の一角で 息をひそめていた


「デジカメ浪漫を見る」


【すずめ】

2011年11月20日日曜日

2011年11月19日土曜日

秋に戯れる

エナガが群れて動き回る時

眼前で戯れる

ギィギィと声を立て 樹を登り

孤独に舞う コゲラ


「デジカメ浪漫を見る」


【秋に戯れる】

2011年11月18日金曜日

枝から枝へ

エナガは動き回る

季節を愛でるかのように 激しく 忙しく

枝から枝へ 動き回る


「デジカメ浪漫を見る」


【枝から枝へ】

2011年11月16日水曜日

もみじ

少し赤く色づき始めたもみじの葉

風に揺れ 光に戯れる

赤いもみじの葉は 秋が深まる合図だ


「デジカメ浪漫をみる」


【もみじ】

2011年11月15日火曜日

黄金の葉

光が葉を照らし

透過した光は 黄金に輝く

見る者の心は豊かになり 暖かくなる

黄金色の葉は 荒んだ心を癒す

自然の力は 無限だ


「デジカメ浪漫を見る」


【黄金の葉】

2011年11月14日月曜日

紅葉に遊ぶ

黄色に色づいた 紅葉の中で

エナガが飛び跳ねる

木から 木へ 枝から 枝へ

黄色をバックに 無邪気に動き回る

エナガは遊びの天才か


「デジカメ浪漫を見る」


【紅葉に遊ぶ】

2011年11月13日日曜日

バス停

バス停 それは人々が行き交う場所

それぞれの思い そぞれの感情 泣き笑い

狂った歯車 止まらない感情

人それぞれに 重荷を背負う

残酷にも 時は止まらないから 今日もバス停で行き交う


「デジカメ浪漫を見る」 


【バス停】

2011年11月12日土曜日

ユリの木

葉がひとつずつ ゆっくりと 色をつけ

紅葉が ユリの木で始まった

やがて冷気が少し増すと

急速に 次の木々に 移り

やがて本番のモミジを 赤く染めて行くだろう


「デジカメ浪漫を見る」


【ユリの木】

2011年11月10日木曜日

水のダンス

水 噴水

公園の噴水は 気持ちよく 吹き上がる

一斉に動く その動作は 解っていても 見つめてしまう

カラクリに動く水でも その姿は 美しい

今日も 池の中は 水のダンス


「デジカメ浪漫を見る」


【水のダンス】

2011年11月9日水曜日

老夫婦

お婆さんとお爺さんは手を取り合い

体を寄せ合い 坂を登る

弱ったお互いの足をかばいながら 登る

生きてきた過程が 輝いて

これからもまだまだまだ 輝いてゆくだろう


「デジカメ浪漫を見る」


【老夫婦】

2011年11月8日火曜日

集う人々

秋の催し 菊花展

人々が集う 花を愛でるために

見る 撮る 嗅ぐ

人それぞれに その時を味わう


「デジカメ浪漫を見る」


【集う人々】

2011年11月7日月曜日

撮る人

カメラを手に動く

被写体の角度 光の方向 風の動き に気を配り

シャッターを押す 

愚作か傑作か いやいや駄作の山積か

それでも撮る 撮るのが好きなのだ 

その一瞬を撮りたい カメラマンはそう思う


「デジカメ浪漫を見る」


【撮る人】

2011年11月5日土曜日

カメラマン

被写体に向かう人

色合いやフレミングに神経を働かせ

決めた位置でシャッターを押す

傑作の期待に胸は高鳴るが

愚作の連続に 心は折れても

なお 今日もシャッターを押す それはカメラマン


「デジカメ浪漫を見る」


【カメラマン】

春より秋が好きだ

秋の日差しに包まれて咲く

春を意識しているのか ちょっと控えめに咲く

コブクザクラは 秋の景色に溶け込んで

慎ましい姿で 春より秋が好きだと言う


「デジカメ浪漫を見る」


【春より秋が好きだ】

2011年11月3日木曜日

春のように

まだ冬を過ぎていないのに 咲き誇る サクラ

その名はコブクザクラという

その誇らしげな美しさに 他の木々も羨む

そこは春 春の匂いがあたり一面に漂う


「デジカメ浪漫を見る」


【春のように】

2011年11月2日水曜日

幸せの岸辺

岸辺は 鳥たちの楽園

沈む陽に 今日のさようならを告げながら

明日の夢を見ている


夢があるなら幸せだと誰かが言った

鳥たちの明日を 人々の明日を 陽に願う


「デジカメ浪漫を見る」


【幸せの岸辺】

2011年11月1日火曜日

夕刻の川面

あんなに輝いていた太陽が

西に沈む時 川面は金色に輝く


水に遊ぶ鴨たちは 今日の終わりを寂しく思いながら

今日最後の餌を啄む

明日はもっといい日でありますように


「デジカメ浪漫を見る」


【夕刻の川面】