2011年10月31日月曜日

静寂なる時

今は 静かに羽を休めよう

静かに 次の時を待とう

陽が高くなり 空が青く輝くまで

来るべき時 遠く遠く飛ぶのだ


「デジカメ浪漫を見る」


【静寂なる時】

2011年10月30日日曜日

秋光の美学

陽はやわらかく やさしく その場所を照らす

川面に反射した光も一緒になって

赤とんぼの体をつつむ


そこは 秋のど真ん中 

事象のあり方を超えて その美しい一瞬に出合った


「デジカメ浪漫を見る」


【秋光の美学】

2011年10月29日土曜日

羽を休めて

キラキラの秋の日差し

草むらの生き物たちが 飛び跳ねていた

羽を休める赤とんぼは 季節の終わりを自覚しているのだろうか


「デジカメ浪漫を見る」


【羽を休めて】

実り

秋は実の季節

あらゆる植物が実をつける

一年の成果を得る時だ


風吹く草むらに立つ クロガネモチにも

赤い実がつき 誇らしげであった


「デジカメ浪漫を見る」


【実り】

2011年10月28日金曜日

秋の主役

風に揺れるススキの穂は ゆらゆらと

出て間もないが穂だが

いずれ秋を彩る主役になってゆく


「デジカメ浪漫を見る」


【秋の主役】

2011年10月27日木曜日

秋のこころ

高い空 乾燥した空気 少し寒い風 色づき始めた木々 

秋の深まりが身近になってきた

枝先には一枚の葉が頑張っていた


「デジカメ浪漫を見る」


【秋のこころ】

2011年10月26日水曜日

木の葉の美学

葉は貪欲な虫たちの餌となっても

まだ葉であり続けるために枝に留まる


吹く風にあおられ 降る雨に叩かれ 日差しに笑われても

まだ枝に留まる


寒気がその身を襲い その身が縮まる時

静かに地に落ちて 土になろうと思う


「デジカメ浪漫を見る」


【木の葉の美学】

2011年10月25日火曜日

秋の深まり

吹く風が少しずつ 肌寒さを誘い

乾燥した空気が体を包む時

植物たちも 秋へなだれ込んでいく


虫に食われた葉も 食われていない葉も

色とりどりになって 風に運ばれ舞い落ちる

見上げると 深まって行く秋がそこにあった


「デジカメ浪漫を見る」


【秋の深まり】

2011年10月24日月曜日

生きるために

秋のど真ん中

昆虫達は残された季節を生きる


蜂は蜂であるために 蜜を集め

吹く風に冷たさが混じる前に 花が閉じる前に

命をつなぐ準備をするのだ


「デジカメ浪漫を見る」


【生きるために】

2011年10月23日日曜日

秋色模様

少ない花に昆虫達があつまり

ゆく日の晩餐を楽しむ


時は無限か有限か 宇宙は無限か有限か

誰も知らぬまま ただ今日の命をつなぐ

季節の終わりともに 花の終わりとともに

蝶の命もいっしょに流れていく


「デジカメ浪漫を見る」


【秋色模様】

秋光に舞う

秋の日差しは柔らかく

花は花となり 花を飾る

蜜を吸う蝶はどこか遠慮がちに飛びはね

秋光の中で やがて命を閉じていく


「デジカメ浪漫を見る」


【秋光に舞う】

2011年10月22日土曜日

千客万来

神代植物公園の深大寺門

そば屋は 客でごった返す

味を競い 呼び込みを競う

客足は途絶えず


もりを食い ざるを食い 天婦羅を食らう

ああ 千客万来


「デジカメ浪漫を見る」


【千客万来】

2011年10月20日木曜日

秋日の中に

秋の日射しの中 赤い薔薇が咲く

そこは薔薇の物語が集まる場所

ゆっくり進む 秋の時 薔薇園は新しい魅力を見せる


「デジカメ浪漫を見る」


【秋日の中に】

2011年10月19日水曜日

太陽の広場

そこでは 子供が走り回っていた

一面に太陽がそそいで 明るい笑い声が聞こえてくる

芝生の広場は 笑顔の広場だ


「デジカメ浪漫を見る」


【太陽の広場】

2011年10月18日火曜日

2011年10月17日月曜日

光彩を浴びて2

光が降る

青く高い空から 一面に降る

その光は平等に降る


受け取る準備がないと 気づかずに ただ通り過ぎていく

深く深呼吸をして 受け止めろ


「デジカメ浪漫を見る」


【光彩を浴びて2】

2011年10月16日日曜日

光彩を浴びて

青い空から光彩が地上を照らす

生きる者へ力とへエネルギーを与えていく


花は歓喜し 花びらを開き

しべには 昆虫が集う

光彩は平等に降り 降り積もっていく


「デジカメ浪漫を見る」


母と娘

公園の一角に

並んで座った二人 母と娘か

娘はきちんと座り 母の言葉を聞く


うなずく娘の周りに やさしい時間が流れていく

永遠にとは この瞬間か 時間よ止まれ


「デジカメ浪漫を見る」


「母と娘」

2011年10月15日土曜日

挨拶

都市河川の中でけなげに生きる シラサギ

汚れた水にも慣れ 餌を採り 戯れる

出合えば羽を広げ挨拶だ


「デジカメ浪漫を見る」


【挨 拶】

2011年10月14日金曜日

2011年10月13日木曜日

シラサギのいる河

都市のコンクリー河川

シラサギが泳ぎ 飛ぶ

なぜここにいるのか 聞いてみたいが 返事はない

ちょっと悲しい シラサギのいる河


【シラサギのいる河】

2011年10月12日水曜日

2011年10月11日火曜日

大木のある道

その道には、大木がそびえていた

大地に強靭な根を張り、豪雨や強風に耐え

道行く人を見守っている


「デジカメ浪漫を見る」


【大木のある道】

2011年10月10日月曜日

幸せを呼ぶ散歩道

その道を行く人は 誰しも笑顔になる

苦渋の人は 心が晴れ

喧嘩をした人は 相手を許し

仲の良い夫婦は 更に仲良くなる

コスモスが咲く道は 幸せを呼ぶ


「デジカメ浪漫を見る」 


【幸せを呼ぶ散歩道】

2011年10月9日日曜日

静寂に咲く

秋の柔らかい日射しの中で

静かに咲く 十月桜

咲いていることを気付かれないように ひっそりと

可憐な呼吸をしていた


「デジカメ浪漫を見る」


【静寂に咲く】

2011年10月8日土曜日

十月桜

サクラ咲く その言葉を聞きたかった

聞いた言葉は、サクラ散るだった

人生の厳しさをそのとき 知った

流れる涙に 愚かさを知った


今咲くのは 春のサクラではない

ちょっとひ弱な 十月桜 

思い切り咲いてくれ


「デジカメ浪漫も見る」


【十月桜】

太陽と雲

白い雲が、帯のようになって流れる

その横で燦々と太陽が輝く

魅力的な秋の空がそこにあった

「デジカメ浪漫を見る」


【太陽と雲】

2011年10月6日木曜日

秋の旅人

野に風が吹き、草は揺れる

青い空に白い雲が流れる

秋空の下を旅人はゆく

ワラをまとったその人は、秋の旅人だった


デジカメ浪漫を見る


【秋の旅人】

2011年10月5日水曜日

小さい秋

秋が少しずつ近づいてくる

いずれ木々は、次々に赤や黄色に染まってゆくだろう

今はまだ、小さい秋がそこまで来た段階だ

秋の深まりを、ときめきながら待ちたい

デジカメ浪漫を見る


【小さい秋】

2011年10月4日火曜日

路傍に咲く

コスモス、秋桜、こすもす
コスモスが好きだ

路傍に咲くコスモスは、道行く人を見守りながら、風に揺れる

路傍は、時に厳しい
時に踏みつけられ、摘まれていく

それでも咲き続け、時が過ぎゆくまで、咲き続ける

デジカメ浪漫を見る


【路傍に咲く】

2011年10月3日月曜日

秋の原っぱ

原っぱが好きだ。みんな原っぱが好きだ。
原っぱは、自由だから。


少年たちは、野球をする。

監督やコーチの小言や苦言にも負けず、笑顔でボールを追う。

草のにおいを嗅ぎながら、土のにおいを嗅ぎながら、目を輝かせる。

原っぱには、夢がある。
原っぱには、輝く未来への扉がある。

デジカメ浪漫を見る


【秋の原っぱ】

2011年10月2日日曜日

初秋の香り 2

秋は、コスモス。日本の秋の景色をつくる。

青い空をバックに咲くコスモスは、清々しい。

河を渡る風が、草を揺らし、花々の間を通り抜けてゆく。

白い雲は、風に乗りゆっくり動く。
風は香りを運ぶ。初秋の香りだ。

デジカメ浪漫を見る


【初秋の香り 2】

2011年10月1日土曜日

初秋の香り

肌に粘りつく、夏の時が過ぎ、さわやかな風が舞う。

青と白が織りなして、空をつくり、地上ではコスモスが咲き秋を演出している。
空を見上げ、深く呼吸をすると、初秋の香りがした。

デジカメ浪漫を見る


【初秋の香り】

見上げて

空を見上げると、秋空へ名前の知らない植物が伸びていた。


【見上げて】